習いたいならネット検索が一番の決め手だが

仕事が忙しくなるまで合気道を習っていました。近くの小学校の体育館を借りるかたちで、お勤め帰りの時間帯にそぞろ集まってくるいろんな世代の社会人相手に、先生が根気強く教えてくれていました。

わたしがこの教室を知ったのは、ごく単純に、インターネットで検索した結果です。毎回見学者がいて、大体の人はネット検索で見つけるのですが、中には、子どもがその小学校に通っていて、校内の諸活動の案内みたいな掲示で見つけたというお母さんもありました。

地方新聞の習い事案内板に載っていたとか、先生の自宅前に何曜日はどこでという案内が貼ってあったとか、実にいろんな方法で聞きつけてくるんです。もちろん見学に来た人全員がそのまま入門するわけではないし、先生が話を聞いて、その人に一番合っていそうな習い方提案していました。

武道館に行って広域の掲示案内を見るとか、カルチャーセンターやスポーツ施設ではほとんどやっているので、そういう方向で当たってみるとか、合気道との出会い方はいっぱいあるんですね。